コラム
いま、キャロルシステムで「旬」な情報をお届け!

【HeartCore】パラメータ表示ができる!#関数

Post date : |Created by Sonoda

thumnbnail

こんにちは。
本コラムでは、HeartCore標準関数のひとつである 「#(ハッシュ)関数」についてご紹介します。

#関数とは

#関数とは、getメソッド・postメソッドで渡ってきたパラメータの値を、ページに表示する機能です。

一般的に、これらのパラメータの値を表示するためにはPHPやJavascriptなどを使用する必要がありますが、HeartCoreでは#関数を使うことで簡単に表示することができます。

thumnbnail

参考:getメソッド、postメソッドについて
https://wa3.i-3-i.info/diff7method.html

#関数の書き方

表示したいパラメータの変数名が「param」であるとき、

###param###

と書くことで、その値を表示することができます。

また、オプションを付与することで、値の出力方法を変えることもできます。
例えば、getメソッドにて

「param=test<br>line」

と入力したとき、それぞれのオプションによる出力は以下のようになります。


記述コード出力
###param###test line
###param.text###test line
###param.html###test<br>line
###param.script###test
line
###param.raw###test
line
###param.special###test
line
###param.htmlscript###test<br>line
###param.values###test
line

HTMLタグを表示したいかどうかによって、オプションを変えて使用できますので、とても便利です。

続いては、getメソッド、postメソッドそれぞれに対し、#関数の使用例をご説明します。

使用例:getメソッド

getメソッドのパラメータは「URLパラメータ」とも呼ばれております。

このページを例にしますと、URLは
https://www.carol.co.jp/cms/column_20200213.jsp?company=carol&number=5
ですので、
companyとnumberの2つの変数が、URLパラメータですね。

こういったURLパラメータがあるページにおいて#関数を使うと、その変数の値を表示することができます。

◆記述コード

<p>
    company:###company###<br>
    number:###number###
</p>

◆出力
company:carol
number:5

↑出力部分には、実際の#関数を記述しています。
URLの値を変えると表示も変わりますので、よろしければ値を変えてアクセスしてみてくださいね。

使用例:postメソッド

postメソッドは、お問い合わせフォームなど、<form>タグを使う場面で使用されます。

例として、#関数を使用して、お問い合わせフォームの確認画面を作成してみます。

◆記述コード
◇お問い合わせフォーム:入力画面

<form name="form" method="post" action="/cms/column_20200213_confirm.jsp">
    名前:<input name="fullname" value=""><br>
    会社名:<input name="company" type="text"><br>
    部署名:<input name="department" type="text"><br>
    <input type="submit" value="確認画面へ">
</form>

◇お問い合わせフォーム:確認画面

<form name="form" method="post" action="/cms/column_20200213_form.jsp">
    名前:###fullname###<br>
    会社名:###company###<br>
    部署名:###department###<br>
    <input type="submit" value="戻る">
</form>

◆出力

このように、確認画面に#関数を記述することで、入力画面からpostしたfullname、company、departmentの値を表示することができます。

まとめ

以上、HeartCoreの標準関数である#関数についてご紹介しました。

便利な関数ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

実際の運用では他のと組み合わせて使用することの多い関数です。
今後の記事にて、組み合わせ例も紹介できればと思います。

HeartCore導入の技術支援も行っています! まずは、お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら