• TOP
  • 社長メッセージ

何かをやりたい、
何かを変えたい。

当社について

わたしたちは、業務系のシステム開発からWebサイト・Webサービスの構築まで、ありとあらゆるシステムの構築を行う会社です。
今から約29年前の創業当時、わたしたちが手掛けていたのは大型汎用コンピュータを使った銀行の外為システム開発であり、その後、パソコンの普及やインターネットの登場など、時代や技術の流れにあわせ、さまざまなシステムを構築し、また最新の技術を取り入れながら常に進化・成長を続けてきました。

わたしたちの強み

わたしたちの強みは常に進化することです。
変化や失敗を恐れず、常にチャレンジし続けることで、変化の激しいこの時代を生き残ってきました。
今後も、AI、IoT、ブロックチェーン、さらにはもっとあたらしい技術が、世界の変化をより一層促すでしょう。
わたしたちは、その潮流をすばやく察知し、いち早く取り入れ活用することで、自身を変化させ、またそれを用いてお客様それぞれの課題や変化を促すことができると信じ進んで参ります。

エンジニアからの多彩なキャリア

キャロルシステムは、さまざまなエンジニアのキャリアを模索します。
わたし自身、新卒で1999年に入社して以来、業務系アプリケーションのプログラマ、SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー。
その後、部署のマネージャを経て、10年目で社長に就任と進んできました。
プログラマーから経営者、プログラマーからコンサルタント、プログラマーからプロジェクトマネージャー。
エンジニアの可能性はさまざまです。
今あるエンジニアの形も、未来ではまた違った形になり得ます。
キャロルシステムは、会社が変化するとともに、それぞれエンジニアの変化も促し、多彩なキャリアを描ける、そんな会社を目指しています。

唐鎌 秀輝

代表取締役社長

1999年、新卒でキャロルシステムに入社。
エンジニアとして技術を磨き、後にプロジェクトマネージャーや営業を兼務。
入社10年後に社長に就任し現在に至る。

pagetop